ハッキング調査

情報時代の様々な問題を解決する
セキュリティーパートナー。

SERVICE

提供するサービス

近年増加・多種化する重大な問題と注意点

ハッキング問題、なりすまし、乗っ取り問題様々な問題・被害が増加拡大する一方で、最近ではそれらを調べるアプリと銘打ち情報窃盗するもの、調査するとの内容での情報窃盗や詐欺、調査手順や内容に問題があり被害者が加害者になるケース等、一次二次被害の内容から三次四次被害と言うお問い合わせやご依頼ケースが拡大しています。
 
ハッキングや・情報漏洩問題等は起こす側、起こされる側それぞれの状況・方法・手段・手順・期間やレベル様々な内容によって解決方法は様々です。
その手段や経路は端末のみに留まらず、使用するサービス(LINE・Instagram(インスタ)・SNS・Twitter・フリーメール・Facebook・mixi・Twitter・ブログ・プロフサイト・フリマサイト・オークションサイト・etc...)を利用または経由し行う行為、アプリやWebサイトを使用した行為様々です。
このような複雑で重要な問題に対して簡単に回答したり、一律で解決できるような事ではありません。
 
正しい手順で進めなければ、証拠能力は皆無となり被害者が加害者と言う立場になってしまうケースも多くありません。
 
また調査する側も簡単な表面上の確認項目を無理やりに作り出したり細分化し、検査項目を多く見せ、端末のみ表面上の簡易チェックで高額(80000円以上)の料金をとる業者も多く存在します。
端末の簡易的な現状把握にはなりますがそれだけで、必要なのはその状態、事象から調査を進め被害を証明、または被害や問題を最小限にする技術や知識、能力を持ち合わせているかが重要です。
 
昔からある、証拠能力のない調査や、IPアドレスやメール等の契約者を格安で調査すると言う事で、IPアドレスやメール管理者の管理契約者情報(誰でも検索できる一般公開されている管理者情報)を報告するような悪質な業者も未だに多く、それらに問題解決のための能力は一切ありません。
実際に問題を抱えるご依頼者様の必要なものは、問題を証明し解決できる証拠や、IPアドレスやメールの実使用者の証明等です。
 
現在起こる様々な問題の解決には正しい手順で調査・解析・検証を行う必要があり、フォレンジック調査(証拠能力のある調査)が重要となります。
 
まず現状を知ること、進む方向性に対して何が必要かそれが第一歩になります!

 
 

ハッキング調査・対策の必要性

現在のデジタル機器の進化は驚くものがあります。
10年~15年前までは一般では購入することの出来なかった小型で高性能な物が安価に簡単に手に入ってします。

特に最近ご依頼、問い合せやが多く、被害が拡大している物ではハッキング専用端末から、GPS追跡端末、パソコンや携帯電話・携帯端末を不正に盗聴器や盗撮器GPS追跡装置にしてしまうソフトやアプリなど後がたちません。
標準の機能や正規のアプリ等を使用して又設定を変更し監視する監視アプリや等の問題も爆発的に広がっています。

最近は知識がまったく無くてもスマートフォン、iPhoneやタブレットなどを簡単にハッキングやクラッキングが出来てしまうツール、それらの事を紹介している雑誌や、専用機器まで安価に販売されています。
対象のメールアドレスや電話番号だけの情報から、端末自体のリモート、端末内のリアルタイム情報収集、端末自体のすべての情報収集等が出来てしまう怖い時代になってしまいました。
キャリア様や、メーカー様も常に対策を行っていますが、問題は使用する側のヒューマンエラーにより起こることが大半です。
そしてもう一つSNSやブログ、ショッピング、Twitterや情報共有サービスなど様々なサービスの利便性が、それらの急増に拍車をかけ、それらによって起こるトラブルが激増しています。
 
このような事柄と比例するようにクラウドや共有機器を使ったサービス(LINE・Instagram(インスタ)・SNS・Twitter・フリーメール・Facebook・mixi・Twitter・ブログ・プロフサイト・フリマサイト・オークションサイト・etc...)の飛躍的進化で遂げています。
 
ただそれらを扱うユーザーたちが余りにも無防備な為ハッキングやクラッキングが加速度的に増えています。
 
今や雑誌などを読めばハッキングは簡単に出来てしまいます。ほんの数秒で・・・

ハッキング被害はいとも簡単に出来てしまい、犯罪行為もゲーム感覚で簡単に起こしてしまう為、被害件数も秒単位で増えています!

そして、ゲーム感覚の犯罪はエスカレートしやすく、その結果もたらされるものは・・・
 
デジタルの世界で生きている自分を守るために必要な事を知り身に付けて下さい。
ハッキングやクラッキング、不正情報収集は難しいことでは無く、雑誌などを読めばハッキングは簡単に出来てしまいます。
対策においても市販のソフトをデフォルトでお使いの場合はソフトの60%ほどの能力しか機能していません100%能力を発揮していると思っても実際は使用していくうちにセキュリティレベルが低下して簡単にハッキングされてしまいます。

簡単にハッキングと言っても不特定多数によるハッキングプログラムやクラッキングプログラム、トランスウェアなどによって不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等を行う場合と、特定対象者がハッキングプログラムやクラッキングプログラム、トランスウェアなどによって不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等を行う場合、自己感染やヒューマンエラーによる情報漏洩を元に起こる不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等を行う二次三次的被害等があります。
不特定多数によるハッキングトラブルは増幅的にループがかかり無限に増幅し不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等、システムトラブルなどが様々な問題起きる等の場合があります。
特定対象者によるハッキングになると、情報漏洩は当然の事、ハッキングで手に入れた情報で不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等、企業問題等、重要かつ緊急を要する問題が起こってきます。

まずは自分のパソコンや携帯端末(i Phone、Android系端末、携帯電話系端末Windows Phone、LUNIX系端末)がどのような状態なのか調べることが重要です。
 
そして状況を詳しく知りそれらに合った対策を打ち出していくことが重要です。

ネットワーク調査からIP・macアドレスの追跡・対象特定調査、リアルタイム監視やPC・携帯端末・ネットワークのハッキング調査や対策を一貫してご提供いたします。