端末ハッキング簡易調査料金端末ハッキング簡易調査料金
端末ハッキング基本調査料金端末ハッキング基本調査料金
ネットワーク情報漏洩基本調査料金ネットワーク情報漏洩基本調査料金
ハッキング・情報漏洩問題料金比較ハッキング・情報漏洩問題料金比較

端末ハッキング基本調査。

端末自体の情報漏洩問題に対する基本調査。

この基本調査は端末自体を調査する最も基本となる調査で、端末自体の調査では最も多くご依頼される調査です。
 
携帯端末ハッキング基本調査は端末自体内部にある不正プロセス実行ソースの有無、ヒューリスティックスキャン(不正実実行プロセス確認・検証)、正常プロセスを装う又は踏み台にする等の不正と判断されない内容においての実行プロセスを確認・検証を行いそれらのパターン解析を行い漏洩問題リスク及び今後の調査や対策をご提案するものです。
 
 行うものとしては、証拠保持環境の確立、端末内部の不正アプリやウィルス、不正ソース等の確認・検証、不正なものが見つかった場合その証明、ヒューリスティックスキャン(不正実実行プロセスを確認・検証)、正常プロセスを装う又は踏み台にする等の不正と判断されない内容においての実行プロセスを確認・検証を行いそれらのパターン解析を行い漏洩問題リスク及び今後の調査等をシステム及びスペシャリスト自信が実際確認し、行った結果を報告書と共にご報告、今後の調査や対策をご提案させて頂くものです。
 
端末ハッキング基本調査はネットワーク情報漏洩基本調査と並び最もご依頼の多い調査です。
端末自体が不正プロセスを実行している調査の他、正常プロセスを装う又踏み台にする等のプロセスに対して確認・検証・リスク予測等をシステムによって自動でスキャンするだけではなくスペシャリストの手で簡易調査では補えない深い調査を行います。
 
またご契約者様すべてにおきまして、メール、サポート電話共に、ご相談や問い合せ等、時間・回数関係なく無料で行っております。
 
端末自体の調査の弱点としましては、数年前まではアプリ(ケルベロス:サーベラス・カレログ・Spyzie・PreyAntiTheft・PhonoTracer・mSpy・カップル覚書等)を利用し端末に仕掛け不正に情報を取得したり、端末を操作する内容が多かったのですが、現在はアプリ等(監視、盗聴、情報取得、リモート操作アプリ等)を必要とせず、Webサービス(LINE・Instagram(インスタ)・SNS・Twitter・フリーメール・Facebook・mixi・ブログ・プロフサイト・フリマサイト・オークションサイト・etc...)を踏み台にし不正に情報取得を行う行為に対しては不正プロセスに対しては一部発見できますが、端末を必要としない内容においては、発見する事はできません。
 
端末を必要としない情報漏洩問題においては、ネットワーク情報漏洩基本調査をご利用ください。
 
簡単にハッキングと言っても不特定多数によるハッキングプログラムやクラッキングプログラム、トランスウェアなどによって不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等を行う場合と、特定対象者がハッキングプログラムやクラッキングプログラム、トランスウェアなどによって不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等を行う場合、自己感染やヒューマンエラーによる情報漏洩を元に起こる不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等を行う二次三次的被害等があります。
不特定多数によるハッキングトラブルは増幅的にループがかかり無限に増幅し不正情報収集や不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等、システムトラブルなどが様々な問題起きる等の場合があります。
特定対象者によるハッキングになると、情報漏洩は当然の事、ハッキングで手に入れた情報で不正改ざん、成り済まし、ストーキング、いじめや様々な迷惑行為等、企業問題等、重要かつ緊急を要する問題が起こってきます。
 
 

どのような問題でも、まずはお問い合わせください。

ご提供するサービスの一部とそれらの料金となります。
様々な問題に対応できるようこの他多種多様なサービスやプランもございますのでお気軽にお問い合わせください。
  

 

調査サービス内容比較。

ハッキング・情報漏洩問題の調査導入の参考に。

簡易調査・端末基本調査・ネットワーク情報漏洩調査のサービス内容比較。
こちらのページで内容に合わせて比較ができます。

端末ハッキング簡易調査料金端末ハッキング簡易調査料金
端末ハッキング基本調査料金端末ハッキング基本調査料金
ネットワーク情報漏洩基本調査料金ネットワーク情報漏洩基本調査料金
ハッキング・情報漏洩問題料金比較ハッキング・情報漏洩問題料金比較

問題の低年齢層化に対して行う私どものプロボノ活動

未成年を守るための活動

 ※プロボノ(Pro bono)とは、各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動です。
 
現在スマートフォンやWebサービス利用が拡大しそれらに対して起こるトラブルや被害等の低年齢層化が最も懸念されます。
問題が低年齢層化することで未成年の問題が様々広がり、いじめやなりすまし等最悪な場合命にかかわる問題にも発展しまいます。
未成年を対象とした詐欺グループや脅迫し猥褻な行為を強要するもの、風俗店に強制的に働かせる物、様々被害が拡大しています。
  
その問題の裏には未成年に対して迷惑行為の対象になりやすく、また問題発覚しにくい又は発覚しても被害者は未成年と言う事でそれ以上進まない、為加害者自体は罪に問われない等様々な問題が潜んでいます。
 
未成年の方は調査したくても本人様のみでは契約できず、必ず保護者様の同意もしくは保護者様の方の契約で調査を行う必要があります。
ですが、本人様が相談しても現状保護者様の方の理解を得ることは半数です。
そして調査を行う理解を得られるのはもっと少ない状態です。
また未成年の方には金銭的にも大変な事情もあります。
 
ですが起こっている問題は変わりません、いろいろな制約の為それらを放置したことで自分を傷つけてしまったり、いじめに発展したり、学校側にあらぬ事柄で問題視されたり、内定取り消しや卒業取り消し、ゆすり等様々な問題に発展することは往々にあります。
 
そのような事情から大人が子供を守ると言う事を大前提のもと問題を放置する事を少しでも救済できるよう、未成年の方限定でのプロボノを行っています。
 
お申込みいただいた方には状況に応じてサポートメール、サポート電話、対策アドバイス、簡易調査等無料で提供させて頂いております。
また保護者の方に説明が必要と判断した場合、本人様のご希望の場合、簡易調査等行った上で問題があり保護者の方に説明が必要な場合、保護者様に現状をご理解いただけるよう専門スタッフがご説明をさせて頂いております。
その後の有料での調査を行う場合、保護者様のご理解ご納得頂いた上で調査を行って頂きます。
 
 

未成年の方でも起こる問題は変わりません、費用等の心配もございませんので大きなトラブルになる前にご連絡ください。

わたくしども

Wakasa IT Security service とは。

 
ハッキング問題や迷惑行為等現代の様々な問題は、ただ端末の調査(スキャンやヒューリスティックスキャン等)が行えるだけでは解決いたしません。
有効な調査やまつわる証拠保存や証明の在り方、それらによっておこる事象の証明、様々な内容を調査・検証・証明を行う場合、多岐にわたる様々な専門知識、技術(Windows、MacOS、Linux、Android、iOS、各専用システム、ネットワーク、Web、SEO、プログラム、データ復旧、システム構築、ソース解析、デバック等)、ノウハウ、日々進化するOSやカーネル等、日々増加する不正な技術、それらに対応する機器等、常に解析・検証を行い調査や対策、データ復旧を行う事が必要となります。
私どもは、それらをトータルサポートし問題解決のお手伝いをさせて頂いております。
 
Wakasa IT事業部発足(2007年)以前、Windows98背景(1998年)当初よりシステム開発、専用PC開発、メールの復旧やなりすまし、特殊詐欺、様々な迷惑行為等の調査に携わるスペシャリストがリーダーとなり調査を行っております。
スペシャリストは、ただコンピュータ歴を示すだけのレベルの低いものでは無く、案件に携わること20年を超える経験のもと、他とは一線を画す培われた技術と知識、ノウハウ、様々な要素を経験値とし様々なニーズにお応えいたします。
5年10年の最近始めたような知識技術では階層の浅い調査しか望めません。
かかわるケースは数千を優に超えるスペシャリスト達がお問い合わせから調査まで全力でサポートさせて頂きます。
 
社会貢献の一環、大人が子供を守ると言う事を大前提のもと問題を放置する事を少しでも救済できるよう、未成年の方限定でのプロボノを行っています。
 

どのような問題でも、まずはお問い合わせください。